OGASAKA snowboardイチオシのモデル

小賀坂スキー製作所の長い歴史とノウハウから生み出される高品質な製品で、多くのスノーボーダーから支持を集めるOGASAKA snowboard。ジャパンクオリティの先頭を行くOGASAKAのイチオシのモデルを紹介しよう。

【CT-S】ネクストレベルに挑戦したい人へ

CT-S 161/158/156/154

CT-Sの開発コンセプトは、簡単に曲がらない硬いボード。テクニックに磨きをかけて乗り込むほど、本来の高性能が引き出される設計となっている。簡単に動きすぎるボードに飽きた人には、手強いが乗りごたえのあるモデルに仕上がったと言えるだろう。ラウンドノーズ、ラウンドテール、ディレクショナルシェイプ、ハードフレックスという設計のため、ライダー自ら力を伝えて操作をしなければボードは何もしてくれない。しかしその操作にボードが反応した時には、今までにない安定感や反発力、走りを味わえる。

新野裕幸/CT-S
強さの中にしなやかなたわみが体感できるモデルです。自分の意思でターンを作るマニュアル感や、 斜面を駆け下りていく強さはもちろん健在。強さの中にしなやかなたわみが加わったことで、操作や動きの幅が広がり、ターンの選択肢が増えました。ハイスピードライディング中もスムーズなターンをすることを目指している僕にとって「ターンのバリエーションが増えたこと」は「斜面変化やスピードへの対応力」に繋がっていると思います。乗り手の意思で操作し自由なラインを刻んでいくフリーライディングボード、これがCT-Sです。

【CT-IZ】ワンランク上のスタイルを

CT-IZ 158/156/154/152/150/151F/145/146

CTをベースに、浮遊感と飛びやすさ、強さを求めて開発されたのが、新製品のCT-IZ。補強反発素材に高強度ポリエチレンシートを装着することで、従来にはなかった反発力を実現した。また高いジャンプからの着地や雪面グリップ力を強化するために「PCプレートタイプS」を「新型プレートOG1」に変更。新型プレートの採用で足元の安定感が向上し、ダイナミックなゲレンデカービング、ハーフパイプ、地形遊びなどでワンランク上のスタイルを表現できるモデルに仕上がった。

小林創也/CT-IZ
優しさの中に強さがある、クセのないオールラウンドボードです。CTと比較すると若干硬い印象がありますが、たわませた時の反発力が大きく、戻りが早い。これがターン切りかえ時のボードの走りにつながっています。スノーボードの基本となるターンだけでなく、ジャンルの壁を超えてスノーボーディングを楽しむことができる反発力と操作性をもつモデルだと思います。

【ASTERIA】OGASAKA唯一のスロープスタイルモデル

ASTERIA 154/152/149/145/142

ツインチップのASTERIAは、OGASAKAブランド唯一のスロープスタイルモデル。高さを出すための反発力を引き出しながらノーズの引っ掛かりをしっかり使えるよう、キャンバー形状が採用されている。軽量芯材を使用すると同時に、補強反発材のカーボンリボンはこれまでの2倍の量が使用することで、さらに軽快な反発力を発揮するモデルに仕上がった。また、ノーズプレスやテールプレスなどのトリック時にしっかり乗り込めるよう、ロングノーズ&ロングテールのアウトラインを採用。両足下には「PCプレートタイプR」が搭載されており、ビッグジャンプのランディングの衝撃を和らげてくれる。

広野あさみ/ASTERIA
アステリアはカービングができるフリースタイルボード。パークライディングやハーフパイプをはじめ、様々なシチュエーションで活躍してくれるモデルです。硬いバーンにも負けず、キレるエッジングでキレイなカービングを描けるし、ウエストが太いので、不整地でも安心して高速ターンや直滑降ができます。春先の花粉が多い季節でもよく走りますよ。そして、グラフィックデザインが今流行りの90’sで、可愛いところもお気に入りのポイント。私はソールにネオン管のグラフィックが施されているモデルを使用しているのですが、リフトの上でも、空中でもとても目立ちます。

OGASAKAsnowboard WEBサイト