SNOWBOARD MASTERS

2018/11/8

東野ミステリ『人魚の眠る家』映画化!

作家デビュー30周年記念として書かれた感涙の東野ミステリ『人魚の眠る家』が映画化。

愛する我が子が「脳死」の状態となったら、どうするか。
過酷な運命に翻弄されながら、狂気ともいえる行動でわが子を守り抜こうとする母親、播磨薫子を演じるのは、篠原涼子さん。
そして、子を思う親として妻・薫子の姿に深く苦悩していく夫・和昌役を、西島秀俊さんが演じます。

著者の東野圭吾さんが「原作者が泣くのはかっこ悪いという思いから懸命に涙を堪えましたが、
みなさんは遠慮なく泣いてくださって結構です」と絶賛する映画「人魚の眠る家」、11月16日全国公開です。
みなさまハンカチ片手にお楽しみください。

『人魚の眠る家』東野圭吾(幻冬舎文庫)
「娘の小学校受験が終わったら離婚する」。そう約束していた夫婦に突然の悲報が届く。――娘がプールで溺れた。
病院で彼らを待ち受けていたのは、残酷な現実。
深く眠り続ける我が子を前に苦悩する母親。
その狂気とも言える愛に、周囲は翻弄されていく。


https://www.gentosha.co.jp/book/b11701.html
映画「人魚の眠る家」公式サイト
http://ningyo-movie.jp

back